花を植える(園芸)

cretan.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「子宮がん」使わないよう要望―日産婦学会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)は6月14日、「子宮がん」を統計や検診などで公的な用語として使うのをやめ、子宮の入り口にできる「子宮頸がん」と本体にできる「子宮体がん」を区別するよう求める要望書を長妻昭厚生労働相にあてて送付した。

 要望書では、40-50年前まで日本では極めて少なかった子宮体がんの罹患数が増加し、子宮頸がんに迫りつつあるため、がんの統計などで両者を区別する必要があると指摘。死亡診断書などで「子宮がん」でなく「子宮頸がん」「子宮体がん」を使うよう、同学会で産婦人科医に指導する方針を示した上で、厚労省で他の科の医師に指導するよう求めた。また、検診でも「子宮頸がん検診」と「子宮体がん検診」を明確に区別するよう求めている。


【関連記事】
昨年のがんによる死亡数、過去最多
子ども手当でワクチンを! 小児科医らがキャンペーン
HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳
がん検診受診率、「なかなかショッキング」
子宮頸がん原因ウイルスの感染経路、認知度は3割未満

<参院選>菅首相「現有議席確保がまず目標」(毎日新聞)
<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)
過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」―東京地裁(時事通信)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
[PR]
by cretan | 2010-06-15 17:18

文科相に意見交換提案=大相撲組員観戦で―国家公安委員長(時事通信)

 大相撲の親方の便宜で暴力団幹部が観戦していたとされる問題に関し、中井洽国家公安委員長は28日の閣議後記者会見で、日本相撲協会の監督官庁である文部科学省の川端達夫大臣に対し、同省と警察庁の担当者を交えた意見交換を提案したことを明らかにした。
 中井国家公安委員長は、事件捜査や暴力団排除を進める警察と文科省は「立場が違う」と強調。その上で「相撲協会の問題について認識を共有する。(問題が)たび重なるので、両大臣で相撲界の知識の交換も含めていろんなことをやっていきたい」と話した。 

【関連ニュース】
日証協に暴力団情報提供=株式市場から排除支援へ
大手ゼネコンに暴排条項指示=「一方的な契約解除」盛り込む
歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足
北九州市を警察庁長官が視察=市長と会談、捜査員激励
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い

連立離脱、最終判断へ=社民―午後に全国幹事長会議(時事通信)
<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
<詐欺>保護費だまし取った疑い、NPO幹部ら逮捕 大阪(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)
[PR]
by cretan | 2010-06-04 01:18
line

初めて花を植えてみる。


by cretan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite