花を植える(園芸)

cretan.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お参り女子からサラリーマン山伏まで――スピリチュアルにはまる人たち(Business Media 誠)

 みなさんは「お参り女子」という言葉、耳にしたことがありますか? 「お参り女子」とは、パワースポットと呼ばれる寺社を巡る女性たちのことです。

 それらの寺社は週末になると「パワーをもらえる」「癒やされる」ということで、たくさんの女性で賑わいます。最近はテレビでもよく取り上げられることもあって、ますますその人気は高まっています。

 特に明治神宮内にある加藤清正公ゆかりの「清正井」の人気は高く、「この井戸の写真を携帯電話の待ち受け画面にすると、御利益がある」と多くの芸能人が述べたことで、今や順番待ちの列が絶えません。

 パワースポットとは、本来、エネルギーが集中している場所で、病気が回復したり、自己エネルギーを強化できたりする場所と言われていますが、実際のところ科学的根拠はないようです。

 それでも世界中、至るところにも存在しており、それだけ多くの人々の心を虜にする場所なので、何かしら意味があるところだと言えそうです。

●「縁結び会」を作った神社も

 本来、そういった神聖な場所へのお参りは、心静かに、そして願い事は口に出さない方がかなうと言われていましたが、お参り女子にとっては勝手が違うようです。友達とワイワイしながら楽しい感じでお参りするのがいいんだとか!?

 特に縁結関係の神社は20〜30代(中には40代も)の女性に大人気で、中には、神社がお見合いパーティを主催しているところもあるのです。

 特に有名なのは、浅草近郊にある「今戸神社」。縁結びを求めて、多くの方がご参拝するため、以前から「どなたか、いい方はいらっしゃいませんか」というご要望が多くあり、「縁結び会」を作ったそうです。

 御祈祷を受けた後に、自己紹介、そのあとフリータイムで連絡先交換をしてお開きという手順で会は進んでいきます。今までに多くのカップルが誕生したとか!?

 ただし、結婚紹介所ではないので、相手の身分を保障しているわけでも、相手の経歴や過去を知らせるわけでもなく、あくまでも会場を提供するだけなので、すべてが自己責任です。まあ、「神聖な場所では、正直な方しか参加しないわ」と信じたいですね(笑)。

 縁結神社を訪れる方の中には、結婚にそこまで真剣ではない方もいらっしゃるようで、とにかく友人とつるんだり、恋話に花を咲かせることが楽しくて参加する方も多いようです。ある意味、女子会などと同じような感覚なのでしょうね。

 神社サイドも、目的はどうであれ、とにかく神社に興味を持ってもらいたいと考えているところが多いようで、キティちゃんを始めとするキャラクターお守りを販売してるところも多くあるそうです。

●週末になると山にこもる「サラリーマン山伏」

 ところで、男性でも、週末になると山にこもる「サラリーマン山伏」なるものが出没しているそうです。ストレス社会の中でもみくちゃにされているサラリーマンが、山伏の格好で登山。彼らは心のよりどころを求めて山に登り、自然と人間との共生を体感することで、自分自身を見つけることができるそうです。

 今は空前のスピリチュアルブームと言われている時代。あわただしい現代、ストレスがたまり、心の空虚さが大きくなり、その癒やしを自然などに求めているのかもしれません。

 また、結局は自分自身で努力していかなくてはいけないと分かっていても、パワースポットなどのご利益にあやかって幸せになりたい、願望をかなえたい、成功を手に入れたいと思うことによって、これらが心のよりどころになり、厳しい日常に立ち向かっていけるのでしょうね。

 科学が進んだ時代にあっても人間は占いや手相、時には信仰などによって「心のよりどころ」を得ているものです。パワースポットも、こうした人間の本来の心が求めているものなのでしょう。(山田美帆)

【関連記事】
「素敵な●●姫へ……」――凄腕化粧品マーケターのこだわりとは
イメージアップにつながる、スーツの選び方
100メートル走の世界記録を生んだ色とは

<韓国艦沈没事件>鳩山首相ら関係閣僚が対応を協議(毎日新聞)
<指定薬物販売容疑>ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕(毎日新聞)
野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
[PR]
by cretan | 2010-05-27 19:50

海の生態系保全、漁業規制につながる決議案(読売新聞)

 【ナイロビ=安田幸一】生物多様性条約第10回締約国会議の専門家会合は、海の生態系に悪影響を与える漁業の阻止に取り組むことを締約国に求める決議案をまとめた。

 10月に名古屋で開催される同会議で採択される見通しで、生物多様性条約の枠組みで漁業規制につながる決議案は初めて。

 規定の漁獲量を超えた乱獲や、一度に大量の魚を取る「破壊的漁法」は、食糧農業機関(FAO)などの国際機関や各国・地域の漁業機関などが取り締まっているが、主な目的はマグロなど有用な水産資源の管理だ。

 決議案は、海洋には最大1000万の生物種が生息し、深海では常に新種が見つかるなど、水産資源以外にも多様な生態系があることを強調。締約国に国際機関が進める漁業規制への協力を求めている。

 トロール漁で目的外の魚種が取られる「混獲」に対する厳しいルールや、「海洋保護区」の拡大など、規制が広がることも予想される。

 専門家会合の日本代表団は「生態系保全も考慮した漁業を進めている。国内で新たな規制は必要ないと考えている」と話した。

挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)
温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
普天間移設、首相「5月末決着」断念表明(読売新聞)
<口蹄疫>家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相(毎日新聞)
<gooメール>不具合で苦情1万件(毎日新聞)
[PR]
by cretan | 2010-05-19 00:04

「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が掲げてきた「5月末決着」を事実上断念するのはやむを得ないとの発言が、11日午前の閣議後の記者会見で閣僚から相次いだ。

 北沢防衛相は10日の関係閣僚会議について、「代替施設の決定をスタートにして、沖縄全体の負担軽減をどういう形で実現するかという枠組みをほぼ合意した」と述べ、移設案と負担軽減策を組み合わせた政府の最終案を固めたことを明らかにした。そのうえで5月末決着に関し、「その後に交渉事が残るのは仕方のないことだ」と述べた。

 今後の段取りについては、「少なくとも連立政権だから連立与党内の合意は早急にやらなければいけない」と述べ、国民新、社民両党との調整を急ぐ考えを示した。

 前原沖縄相は「5月31日で100%の方々の賛成を得るのはなかなか難しい。5月に我々が何らかの決断をして、それを進めていくということになる」と指摘。仲井真弘多(ひろかず)沖縄県知事と10日に都内で会談したことも明らかにした。

 一方、社民党党首の福島消費者相は「期限に必ずしもこだわる必要はない。ひどい結論を5月末に出すくらいなら、真の解決をきちっと目指してやるべきだ」と改めて強調。国民新党代表の亀井金融相は「首相が懸命に努力する姿を福島党首も見ているから、5月末までにぴたっとすべてOKという状況が出ないからといって、連立解消しますということにはならない」と語った。

<取調室禁煙>消えゆく「1本吸うか」…15都道府県警実施(毎日新聞)
としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
京都の病院で集団食中毒、7人からノロウイルス(読売新聞)
[PR]
by cretan | 2010-05-11 19:11
line

初めて花を植えてみる。


by cretan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite