花を植える(園芸)

cretan.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 01月 ( 49 )   > この月の画像一覧

<小沢幹事長>「職責を全うしたい」 続投で政権に逆風も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が東京地検特捜部の事情聴取に応じた23日、政府・民主党内には動揺が広がった。「被疑者」としての聴取だったことが明らかになったが、小沢氏は聴取後の記者会見で幹事長職を続ける意向を表明。続投への異論はなお顕在化せず、政府・民主党は小沢氏と「一蓮托生(いちれんたくしょう)」で今後も捜査や民意と向かい合わなければならない。聴取は区切りとなるどころか、政権運営の不安要素はさらに増している。

 小沢氏は23日夜、聴取を受けた東京都内のホテルで記者会見に臨み、「与えられた職責を全うしていきたい」と明言。「捜査については今までも、今後も協力してまいりたい」と述べ、捜査乗り切りへの自信をのぞかせた。

 民主党は小沢氏と足並みをそろえる形で検察批判を強め、世論の反発を招いてきた。それだけに今回の聴取に対し、表向きは「一歩前進」(菅直人副総理兼財務相)と安堵(あんど)の声が相次いだ。平野博文官房長官は同日夜、都内で「(政権運営への影響は)全くない」と記者団に強調した。

 しかし、民主党所属議員が日々感じるのは逆風の強まりだ。今夏、改選を迎える西日本選出の参院議員は同日、地元支持者から「小沢さんが辞めないと、応援できない」と通告された。「説明責任を果たした」と沈静化を図る執行部と、民意の離反に危機感を強める議員や参院選候補者との「乖離(かいり)」が広がりつつある。

 輿石東参院議員会長は23日、長野県諏訪市で「幹事長が法的に罪を受けることになるとすれば、その時点で対応を考えていけばいい」と語った。小沢氏が逮捕か起訴される事態になれば、幹事長辞任は避けられない。そうした「小沢リスク」に対し党幹部は思考停止状態にあり、政権運営は今後の捜査に左右される危うさが募る。閣僚の一人は「捜査次第で民意がどうなるか」ともらした。

 通常国会で予算審議が続くなか、自民党は攻勢を強める。谷垣禎一総裁は23日夜、都内で記者団に「証人喚問(要求)などの手立てを講じて真相を明らかにしていく」と述べた。

 鳩山由紀夫首相は同日、栃木県益子町などを視察。宇都宮市内で記者団から事情聴取の感想を求められると、厳しい表情で「潔白と申しておられたから、信じたい。見守ることしかない」と述べるにとどめた。【中村篤志】

公開初日、ニホンザル逃げる=下北半島出身、塀駆け上がり−上野動物園(時事通信)
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)
被告供述のTシャツから千葉大生のDNA型検出(読売新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
介護従事者の給与、9000円上昇=09年度報酬改定で実態調査−厚労省(時事通信)
[PR]
by cretan | 2010-01-30 19:39

<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地裁(藤井敏明裁判長)は25日付で、当時の事務担当者で衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=の準抗告を棄却する決定を出した。

 地裁が同日、2月4日までの拘置延長を決めたため、石川容疑者の弁護士が準抗告を申し立てていた。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ
陸山会土地購入:3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に
小沢事務所:別工事でも受注謝礼要求 年2000万円
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布

<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
小沢氏23日聴取「潔白証明へ強い意志を」…首相(読売新聞)
巨人加治前選手、野球用具盗まれる=駐車中の車から−神奈川(時事通信)
<貝塚市長選>元副市長の藤原龍男氏が初当選(毎日新聞)
首都高湾岸線で6台玉突き事故、8人軽傷(読売新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-29 11:13

<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)

 国連「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)は20日、07年に公表した4次報告書の記述のうち、ヒマラヤの氷河が35年ごろまでに消失するという予測が誤りだったと発表した。

 誤りだったのは、報告書のうち、地球温暖化の影響をまとめた「第2作業部会」担当部分の一部。環境NGO(非政府組織)世界自然保護基金(WWF)の05年のデータの引用などとして、「ヒマラヤの氷河は世界のどの地域よりも早いスピードで崩壊が進み、35年ごろまでに消失する」と指摘していた。IPCCは、報告書作成の過程で必要とされる科学的根拠の確認などが十分でなかったとしている。

 また、カナダや米国の研究者らは同日、米科学誌サイエンス電子版で誤りの背景などを解説。IPCCが消失の時期を「2035年」としたのは「世界全体の氷河は2350年ごろに(現在の)50万平方キロメートルから10万平方キロメートルに縮小する」という過去の研究を誤って引用した可能性もあるという。研究者らは、35年ごろまでにヒマラヤの氷河が消失するには、1960〜99年の間の消失率の25倍の速度で減少していかなければならない計算になり、氷河と気候の関係に関する知見と相反すると指摘した。【大場あい】

【関連ニュース】
鉄鋼スラグ:沿岸に埋め藻場再生 CO2吸収に効果
クールビズ:ネクタイ業者団体が廃止要望 小沢環境相に
鳩山首相:インド到着 温暖化問題や経済連携協定で協議へ
地球温暖化:COP16に向け、5〜6月に公式会合
フランス:炭素税に違憲判断 導入予定のサルコジ政権痛手

BMW2万2000台リコール=マツダの車いす移動車も(時事通信)
<八ッ場ダム>千葉県の負担金差し止め訴訟 市民団体側敗訴(毎日新聞)
普天間、5月決着変わらず=官房長官(時事通信)
盗撮容疑で警察官を逮捕=駅のエスカレーターで−大阪府警(時事通信)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-28 09:22

<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)

 日米安保条約改定の調印から50年の19日、海上自衛隊横須賀基地の吉倉岸壁で、海自と米海軍共催の記念行事があった。海上自衛官や米兵ら日米の計約300人が出席、国歌演奏などに続き、司令官が互いに祝辞を述べた。

 午前8時前、接岸した海自護衛艦「おおなみ」(4650トン)、米海軍横須賀基地のイージス艦「ラッセン」(9200トン)を前に、杉本正彦自衛艦隊司令官が「固いきずなをさらに強固なものにし、同盟を深化させていかなければならない」と祝辞。杉本司令官とバード第7艦隊司令官、松岡貞義横須賀地方総監とレン在日米海軍司令官がそれぞれ記念の盾を交換し、バード司令官が「この同盟は世界中で最も重要なネイビー(海軍)同士の関係だ。地域の安全保障の基礎としてあり続けていくよう努めたい」とスピーチした。【吉田勝】

【関連ニュース】
日米安保:米国人女性がドキュメンタリー映画を製作
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
日米安保:「核廃絶へ努力を」19日の声明概要
日米安保改定50年:共同声明の文面調整で局長級協議
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線

<囲碁>関西棋院2人目の外国人女性棋士(毎日新聞)
【中医協】診療報酬上の地域への配慮、次期改定は見送り(医療介護CBニュース)
オードリー春日さん骨折(時事通信)
<裾野市長選>大橋俊二氏が5選(毎日新聞)
【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-26 14:00

<ハイチ大地震>医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)

 ハイチ大地震の救援活動のため、北沢俊美防衛相は20日、国際緊急援助隊の自衛隊部隊の派遣命令を出した。地震の被害が依然として極めて深刻な状況で、陸上自衛隊による医療援助隊(医官や看護官など)約100人を中心に、計約160人態勢で医療活動を行う。

 国際協力機構(JICA)中心の国際緊急援助隊医療チーム25人が現在、首都ポルトープランスの近郊レオガンの看護学校で治療活動を行っており、自衛隊部隊が引き継ぐ予定。

 医療援助隊の中心メンバーが所属する広島県海田町の陸上自衛隊海田市駐屯地で20日、出発式があった。援助隊隊長の白川誠1等陸佐は「被災者のご苦労を少しでも和らげるため、日本人の真心をもって人道支援をしたい」と話した。援助隊は21日夜、成田からチャーター機で出発する。【樋岡徹也、矢追健介】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:AMDA代表ら被災者支援に出発
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:被災者救援で「外交戦」展開 米国や中国

バンクーバー五輪 にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)
法的責任なら小沢氏進退も=民主・輿石氏「その時点で対応」(時事通信)
首相動静(1月21日)(時事通信)
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-25 16:08

福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は16日の民主党大会であいさつし、同党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件について「国民は真摯(しんし)な説明を求めている」と述べた。あいさつの詳細は以下の通り。

【連立政権】

 「みなさん、おはようございます。民主党2010年度定期大会、本当におめでとうございます。ちょっと鼻声ですいません。心からお祝いを申し上げます。私は社民党党首として、何度も何度も民主党大会に参加をしております。きょうの民主党大会は感無量です。昨年、政権交代し、民主党の代表が総理大臣になられ、連立政権を組み、まさに昨年から新しい政治が始まりました。民主党のみなさん、新しい政治をともに全力で作っていこうではありませんか」

 「今の内閣は子供を大切にする内閣、子供と女性を大切にする内閣、子供と女性と男性を大切にする内閣だと私は思っています。鳩山総理の下で、『障がい者制度改革推進本部』が立ち上がり、多くの当事者のもとで、まさに障害者施策を全面的に変えていく、そんな施策がエンジン部隊として始まりました。また、自殺の対策をはじめ大きく変わっています」

 「ちょうど1年前、この日比谷の野外音楽堂、隣の野音のところでは、まさに派遣村でした。今年の正月、鳩山総理と一緒に公設派遣村へ、菅(直人)副総理共々参りました。そのときに、やはり、政治が変わったということを痛感をいたしました。政府に対して、こうしてくれああしてくれという時代から、ワンストップサービスを内閣としてきちっとつくっていく、働く人たちの生活の底支え、生きていく人たちの底支えをしっかり制度の面からやっていく、そんな内閣を一緒につくりあげていると私は思っています」

【普天間移設問題】

 「この内閣の人を大切にする内閣、命を大切にする内閣を、ともに全力で遂行して参ります。ともに乗り越えていかなければならないことがたくさんあります。まず、普天間基地(沖縄県宜野湾市)の返還と辺野古(同県名護市)の沿岸部に、普天間基地の返還は何としても実現したい。社民党は辺野古の沿岸部に巨大な海上基地を作りたくない、海を守りたい、そう思っています。県外・国外移設を全力でやっていきたいと考えております。これは基本政策閣僚委員会の作業チームで3党で内閣を挙げてなんとか、自民党政治とは違う解決策を模索をし、解決策を見つけようと全力を尽くしているところです。内閣を挙げてともに頑張っていこうではありませんか」

【労働法制】

 「そして、次に労働法制などの問題です。自民党政治とは違って、派遣法の抜本改正案、働く人のための法律をきちんとこの内閣のもとで、通常国会で出していきたい、成立させていきたいと社民党は考えております」

【政治とカネ】

 「そして、最後に政治への信頼の問題です。国民のみなさんは新しい政治を作ってくれ、どうか自民党政治とは違う政治を作ってくれと期待をしています。その国民の声に何としても応えていこうではありませんか」

 「政治とおカネの関係について、新しい政治にふさわしく、根本的に見直す必要があると社民党は考えています。社民党は政治とカネの問題について取り組んできました。企業団体献金禁止という法案を社民党は国会に提出したいと考えております。どうか一緒に議論をし、政治とお金の問題について、新たな枠組みを一緒に作ってくださるよう心から期待をいたします」

 「今回の件についても、国民のみなさんは真摯な説明を求めていると思います。民主党が友党として政治に対する国民の信頼を回復されるよう心から期待をしています。国民の皆さんの新しい政治を作ってくれ、生活を大事にする政治を作ってくれ、その声に社民党も民主党とともにきちんと応え、新しい政治を未来に向けて切り開いて参ります。ともに頑張りましょう」

【関連記事】
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 

「本当言うとやっていません」初めて否認する菅家さん(産経新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明−民主党大会(時事通信)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)
フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-23 05:36

<普天間移設>鳩山首相、改めて5月中の決着を強調(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の決定期限について「米国との間もすり合わせておかないと意味がない。政府として最終的な考え方を5月末までに作り上げる」と述べ、日米交渉を含めて、5月中の最終決着を目指す考えを改めて示した。首相官邸で記者団に語った。

 普天間移設問題を巡り、政府・与党は昨年末、移設先を検討するため、沖縄基地問題検討委員会を設けた。検討委の委員長を務める平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、「検討委の役割としては、(米側との交渉まで)含めてやれる状態にあるとは思っていない」と指摘。最終合意が6月以降となる可能性に言及した。

 あわてた鳩山首相は21日、平野長官に「政府として、最終的な考え方を5月末までに作り上げるという決意で検討委をやってほしい」と指示。同日夜には記者団に対して「米国とすり合わせをしないで、日本政府案が作れるわけがない。当然米国とよくすり合わせをして理解を求める」と、平野長官発言の打ち消しに躍起となった。

 沖縄基地問題検討委は21日、第4回会合を開いたが、各党の委員が移設先案を提出する時期について、当初予定の1月末から延期し2月中旬へと先送りした。社民党が提案予定のグアムについて「視察の後に提案したい」としていることが理由だが、政府が最終結論を出す5月まで時間が限られており、今後の政府・与党内調整にも影響しそうだ。【横田愛、小山由宇】

【関連ニュース】
普天間移設:平野官房長官「5月は政府起案の期限」
衆院代表質問:首相らの疑惑、論戦スタート
安保50年:米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず
日米安保:調印50年 首相「普天間が試金石」
普天間:移設先にグアム 社民が正式提案へ

阪神大震災から15年…安全の日宣言発表(読売新聞)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-22 09:11

俳優の柳楽優弥さん結婚(時事通信)

 俳優の柳楽優弥さん(19)がタレントの豊田エリーさん(21)と結婚した。2人の所属事務所が15日明らかにした。14日に婚姻届けを出したという。柳楽さんは映画デビュー作の「誰も知らない」に主演し、2004年のカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞に史上最年少で選ばれた。 

【関連ニュース】
「平和」「希望」のメッセージ世界へ=広島で短編映画祭
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭
東京国際映画祭が開幕
リメーク版「サイドウェイズ」上演=菊地凛子さんあいさつ
塚本監督、受賞逃す=最高賞にイスラエル作品

空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
「他人のカネだから?」「まあ…」思わず相づち打った元西松部長(産経新聞)
小沢疑惑 前原国交相が「説明責任果たすことが大事」(産経新聞)
<参院>議員控室割り当て 自民党と民主党が場所を交換(毎日新聞)
ブログやツイッター「検察に批判的」 ジャーナリストがいうのは本当か(J-CASTニュース)
[PR]
by cretan | 2010-01-21 15:35

<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)

 「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」とする民法772条の規定は、憲法の「法の下の平等」に反するとして、岡山県総社市の両親が国と同市に330万円の賠償を求めた訴訟の判決が14日、岡山地裁であった。古賀輝郎裁判長は「規定には合理性があり、違憲ではない」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 判決によると、母親は前夫との離婚後221日目の08年11月に現夫との間に女児を出産したが、民法の規定により、現夫の子とする出生届が不受理とされた。さらに離婚前の妊娠だったため、「300日以内の出産でも、離婚後の妊娠と医師が証明すれば受理する」との法務省通達の救済からも外れた。このため女児は無戸籍となったが、09年2月に岡山家裁倉敷支部で認知調停が成立、現在無戸籍は解消されている。

 原告側は「離婚が遅れたのは前夫が応じなかったためで女児に責任はなく、法の下の平等を定めた憲法に違反する」と主張したが、古賀裁判長は「無戸籍状態を避けるための法的手続きがあり、今回も認知調停により無戸籍は解消されている。不受理が原告に不利益をもたらしたとは言えない」などと述べた。

 判決後会見した弁護団の作花知志弁護士は、「社会通念から外れた行政寄りの判決。上級審の判断に期待したい」と話した。【石戸諭、石井尚】

【関連ニュース】
無戸籍児:「玻南」命名是非、最高裁が判断へ 許可抗告認める

<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
大雪で夜行列車など運休 (産経新聞)
公立病院経営の参考事例集を月内にも発行―総務省(医療介護CBニュース)
柳楽優弥さん 豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
不正通行容疑 ETCすり抜け460回 男を逮捕(毎日新聞)
[PR]
by cretan | 2010-01-20 21:56

輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月15日夜、厚労省内で記者会見し、輸入新型インフルエンザワクチンの特例承認を決定したことを明らかにした。承認日は20日付で、特例承認はこれが初めて。また、今回の特例承認を受け、優先接種者以外の健康な成人への接種を開始することも発表した。

 今回の特例承認の決定は、同日に開かれた同省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会の答申を踏まえたもの。特例承認の対象となるのは、ノバルティスファーマ社とグラクソ・スミスクライン社(GSK)社製で、同省によると、それぞれ2月3日、5日から出荷される。

 また、健康な成人への接種については、「すべての優先接種対象者グループ(高齢者)について接種が開始されていること」を前提に、国産ワクチンの次回1月29日出荷分から開始。出荷後、医療機関に供給するまで、長くとも2週間前後のため、2月12日までには健康な成人への接種が始まる見通しだ。さらに、接種開始時期は各都道府県の判断で前倒しすることも可能とされている。

 長妻厚労相は会見で、「2社のワクチンは各国でも既に接種が開始されている。われわれとしてはできる限り、輸入ワクチンの副反応の情報を分かりやすく伝えるということで、国民の皆さんの理解を得るべく、情報開示に努めていきたい」と述べた。


【関連記事】
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
健康成人の負担軽減、優先対象と同様に―新型ワクチン接種で厚労省
新型ワクチンの接種方針を決定―政府
輸入新型インフルワクチンの承認を条件付きで了承―医薬品第二部会
ノバルティス製ワクチン「問題なし」―新型インフルで現地調査

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
羽田空港 管制に障害 欠航や遅れ 成田と一元化の初日(毎日新聞)
刺身と菓子パンから針=三重(時事通信)
石川議員の元秘書、「秘書給与ピンハネ」疑惑も証言(産経新聞)
名古屋市が住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える−河村市長(時事通信)
[PR]
by cretan | 2010-01-20 18:51
line

初めて花を植えてみる。


by cretan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite